Archive for the ‘政治’ Category

Google中国撤退の裏側にあるもの

Posted by souteigai on 25th 3月 2010 in 政治

Googleが中国からの撤退を決めた。
理由は中国の検閲を不当と考えるからだ。

表向きはGoogleが単独で動いているようにも見えるが、
実際はアメリカの国益を肩代わりしているとみて間違いないだろう。

アメリカがほしいのは中国市場。
その中国市場を手に入れるためにアメリカはGoogleを利用して
内政干渉を始めたのだ。

今から30年ほど前、日本の輸出が絶好調な時期にアメリカはまったく
同じ行動を日本に対して行った。

いわゆる日本バッシングだ。
日本の自由化が遅れているということを徹底的にたたいて
日本市場をこじ開けようと圧力をかけてきた。

今回アメリカは中国の自由化が遅れていることを問題視し、
自分たちの代理としてGoogleを利用した。

中国の自由化が進めばアメリカの戦略の一環である
グローバル化の中に組み入れ、
アメリカの思うがままに中国を操ることができるように
なるのだ。

社会の嘘

Posted by souteigai on 24th 1月 2010 in IT革命, 政治

テレビの報道番組を見ているととても腹がたつことがある。

経済評論家や知識人ぶったタレントが口々に政治批判をしたり、
庶民の生活が大変だなどと言って日本の行く末を危ぶんだりするわけだが、
こいつらすべて一般人の何倍もの収入を得ているのだ。

人の同情をするフリをしながら、飯を食っている奴ら。
もともと本気ではない。

鳩山由紀夫もそうだろう。
母親に毎月1500万ものカネをもらいながら、
ぬくぬくとした生活を続けている。

本気でこの日本を立て直そうとするなら
すべての私財を投げ打ったらどうだ?

あんたのようなドラ息子こそが
経済格差の象徴ではないのか?

ポジショントーク

Posted by souteigai on 27th 12月 2009 in 政治

ポジショントークとは自分の立場を利用してあるいは自分の立場に有利なように発言をすることだ。

レベルの低いところではネット上の自作自演がそうだろう。
自分の商品を売るために商品を褒めて物を買わせる。

また会社の人間が自社に有利な話をして顧客を獲得するのもポジショントークだ。

生活のため、組織のため、真実をねじ曲げて自分の都合の良いように発言する
この種のポジショントークが世間に蔓延している。

資本主義経済に生きる以上、この種の嘘はある程度仕方がないことで
大事なことはその嘘を見抜くだけの見識をもつことだ。

しかし、自分が絶対間違っていると思うのが、
政治家のポジショントークだ。

民主党や自民党などの党員は自分たちの政党の考えを主張するだけで、
個人の考え方に基づいて行動しない。

だから議論する以前に議員数で結論が決まっている。

国会で議論するうちに考え方が変わるなどといったことが全くない。
これでは国会など無意味だ。

ポジショントークではなく真実と個人の信念に基づいて多数決をとり、
政策が決定されるのが本当の姿だろう。

いつまでもこのような国会を続けるのであれば国会は不要で、
国民による直接選挙に置き換えるべきだ。

公務員のボーナス

Posted by souteigai on 11th 12月 2009 in 政治, 経済

公務員へのボーナス支給額が下がったことは当然として
まだまだ高すぎませんか?

借金抱え、食えなくて困っている人達がたくさんいて、国の財政状況が破綻しようとしている
この時期に、彼らがこれだけの収入を得る根拠はどこにあるのだろう。
既得権益に過ぎない。

知事235万8000円
副知事185万4000円
県教育長145万8000円
県議会議長185万4000円
県議147万6000円
鹿児島市長228万4920円
市議会議長156万4200円
市議135万8280円