Archive for 1月, 2010

社会の嘘

Posted by souteigai on 24th 1月 2010 in IT革命, 政治

テレビの報道番組を見ているととても腹がたつことがある。

経済評論家や知識人ぶったタレントが口々に政治批判をしたり、
庶民の生活が大変だなどと言って日本の行く末を危ぶんだりするわけだが、
こいつらすべて一般人の何倍もの収入を得ているのだ。

人の同情をするフリをしながら、飯を食っている奴ら。
もともと本気ではない。

鳩山由紀夫もそうだろう。
母親に毎月1500万ものカネをもらいながら、
ぬくぬくとした生活を続けている。

本気でこの日本を立て直そうとするなら
すべての私財を投げ打ったらどうだ?

あんたのようなドラ息子こそが
経済格差の象徴ではないのか?

twitter

Posted by souteigai on 23rd 1月 2010 in IT革命

昨日週刊ダイヤモンドのtwitter 特集号を買った。

ドラエモンと勝間和代が持ち上げ、twitterもいよいよブレイクしたかに見える。

自分も試しているが、面白さがまだよく分からない。

どうやら、followerが数名ではダメで、何千人、何万人まで増やさなければいけないらしい。

主役は自分で何千人、何万人の聴衆に向かってステージ上から話しかけるような感覚なのだろう。

『さて、何を食べようか~』

これだ。

それを聞いた聴衆から何人かが応えてくれればいい。

群衆という生き物ひとりと自分。

そんな新しいコミュニケーションのツールなのだと思う。

ひょっとすると本物かもしれない。

アフィリエイト

Posted by souteigai on 19th 1月 2010 in 経済

ネットでカネを得ようと考えた人間なら誰でもアフィリエイトのことは知っているだろう。

自分のブログなどに企業広告や宣伝を貼りつけて紹介料を得るサイドビジネスなわけだが、このアフィリエイターの急増がスパムの増加とあいまってネットの世界を堕落させてしまっている。

本来、アフィリエイターは商品を自分で買って試して、本当に良いものを他人に勧めるぐらいの努力と情熱が必要で、それであれば存在意義があるだろう。しかし、無制限の自由競争でいくらでも競争相手が増殖する環境では、そんなのんびりしたやり方は許されない。

彼らの手法はサイトの量産やブラックSEOでしかないから、社会にとって何のメリットももたらさない。彼らがやっているのはいかに人や検索エンジンを騙し、紹介料をくすねるかということ。

中にはそのようなやり方で並以上の収入を上げる人間がいたことも確かだろう。
しかし、今、彼らはそのようなやり方を他人に教えながら授業料をとって生活するスタイルに切り替えつつある。もはや同じことをやっても儲かるわけないのだが、これからもアフィリエイトの世界に引き込まれていく若者は絶えることがないだろう。

そういうわけで、残念ながらこれからネットの世界は荒れ続けるばかりだ。
そこは誰もが自由に競争できる資本主義社会の理想のモデルのはずだが、
結果は乞食と詐欺師とゴミだらけの社会だ。

この仮想現実の世界の荒廃がリアルの世界の荒廃に拍車をかけることになるだろう。

裏献金疑惑再び

Posted by souteigai on 17th 1月 2010 in IT革命

民主党のテイタラクにより、日本の政治が再び混迷を始めた。

小沢が逮捕されてもされなくても、日本にとって大きなダメージとなることは間違いない。

本来なら経済問題を最優先に議論されるべき国会で、
いまさらこのような紛糾は見たくない。

日本の国会議員は全員辞職せよ。
民主党も自民党も全員だ。

君たちに日本の政治にかかわる資格はまったくない。

QB House

Posted by souteigai on 11th 1月 2010 in 経済

散髪はQB Houseにした。

これまでお世話になってきた床屋さんには申し訳ないけれど、
この時期3800円か1000円かと言われれば、
1000円の散髪代がいいにきまっている。

洗髪や髭剃りはなく、掃除機で頭を吸われる。
知っている人には見られたくはないが、
終わってしまうとたいして変わらない。

自分のような人間が増えて、従来の散髪屋さんは大変でしょう。
廃業に追い込まれるところも多いのではないでしょうか。

みんながお金を使わなくなると、どんどん市場が小さくなっていきますね。
この流れは止められないのではないでしょうか。

IT革命と情報革命

Posted by souteigai on 6th 1月 2010 in IT革命

2つの言葉が同じように使われている。

果たして同じ意味なのだろうか?

IT革命という言葉はInformation Techonology 革命、つまり情報技術革命であり、
単に情報革命というよりももっと技術的な意味合いが強い。
そして情報革命よりももっと表面的な意味で語られてしまったところに
悲劇のではないだろうか。

アルビン・トフラーは著書、第三の波で情報革命の波がやってくると説いた。
まだインターネットが存在しない時代に情報革命の衝撃を予言した彼の
先見性には恐れ入る。

その情報革命の原動力となったのがIT革命であるが、ITという言葉の軽さゆえに
本来の意味の重要性を軽減してしまったのではないだろうか。